CONTACT
  1. »
  2. BLOG & NEWS
  3. »
  4. 輸出入
  5. »
  6. 日本企業のヨーロッパ進出について

日本企業のヨーロッパ進出について

2024.05.29
輸出入
貿易

1. 中小企業のヨーロッパ進出の現状と課題

  • 日本企業のヨーロッパ進出は増加傾向にある
  • 中小企業のヨーロッパ進出は課題が多い

2. 中小機構とフランス貿易投資庁がMOUを締結、日本企業のヨーロッパ進出を支援

  • 中小機構とフランス貿易投資庁が連携、日本企業のヨーロッパ進出を後押し
  • 中小企業のヨーロッパ進出を支援する3つの具体的な取り組み

3. 中小機構とフランス貿易投資庁の連携によるメリット

4. 今後の展望:日本企業のヨーロッパ進出は拡大へ

  • 日本企業のヨーロッパ進出は、今後も拡大していく見込み
  • 貿易代行サービスの需要拡大が予想される

まとめ

1.中小企業のヨーロッパ進出の現状と課題

・中小企業のヨーロッパ進出の現状

日本企業のヨーロッパ進出は、近年増加傾向にあります。2022年には、日本企業の海外拠点数は、ヨーロッパに1万2,000を超え、うち中小企業の割合は約3割を占めています。

この背景には、以下の要因が挙げられます。

  • 欧州経済の回復
  • 脱炭素化などの社会課題への対応
  • デジタル化の進展
  • 中小企業のヨーロッパ進出の課題

中小企業のヨーロッパ進出には、さまざまな課題があります。具体的には、以下のような課題が挙げられます。

  • 海外の市場や商習慣の理解不足
  • 現地での販売やマーケティングのノウハウ不足 
  • 資金や人材の不足 

これらの課題を克服するためには、以下の対策が有効です。

  • 海外進出に関する情報収集や教育の充実
  • 現地企業との連携や、海外進出支援機関の活用
  • 資金調達や人材確保の支援

中小企業のヨーロッパ進出は、大きなチャンスであると同時に、大きなリスクも伴います。しかし、適切な対策を講じることで、成功率を高めることができます。

2.中小機構とフランス貿易投資庁がMOUを締結、日本企業のヨーロッパ進出を支援

中小機構とフランス貿易投資庁は、2023年8月2日に、日本企業のヨーロッパ進出を支援するための覚書(MOU)を締結しました。このMOUに基づき、両機関は、以下の3つの具体的な取り組みを実施していくことになります。

⑴フランス特設マッチングサイトの開設

両機関が推薦する中小企業とフランス企業をマッチングさせるための専用サイトを開設します。このサイトでは、中小企業の製品やサービスを紹介するとともに、フランス企業のニーズを把握することができます。

⑵海外CEO商談会の開催

日本企業とフランス企業のトップ同士が直接対話できる商談会を開催します。この商談会では、両国の企業が、ビジネスチャンスを探すことができます。

⑶商談から成約までの支援体制の構築

商談の成立から、実際の取引の成約までを支援する体制を構築します。この体制では、中小企業の法務や会計などの専門家が、現地でのビジネスの立ち上げや運営を支援します。

これらの取り組みにより、中小企業は、ヨーロッパ進出の準備や実行をよりスムーズに行うことができるようになります。

具体的には、以下のようなメリットが期待されます。

  • 海外の市場や商習慣の理解不足の解消
  • 現地での販売やマーケティングのノウハウの獲得
  • 資金や人材の不足の解消

中小企業のヨーロッパ進出は、近年増加傾向にあります。しかし、中小企業にとっては、海外進出は大きなチャレンジです。今回の中小機構とフランス貿易投資庁の連携は、中小企業のヨーロッパ進出を支援する大きな一歩と言えるでしょう。

3. 中小機構とフランス貿易投資庁の連携によるメリット

市場へのアクセス拡大:フランス貿易投資庁の協力により、中小企業はフランス市場へのアクセスを拡大できます。これにより、新しい顧客や取引先を見つける機会が増え、ビジネスの成長が期待されます。

ビジネスネットワークの拡充:提携により、中小企業はフランスのビジネスコミュニティにアクセスでき、パートナーシップや提携の機会が広がります。これにより、技術、ノウハウ、資源などを共有し合いながら、お互いの強みを活かすことができます。

貿易と投資の促進:フランス貿易投資庁の支援により、中小企業は貿易および投資に関するサポートを得ることができます。これは、新しい市場に進出するための障壁の低減や、適切なビジネス戦略の策定に役立ちます。

国際的な認知度向上:フランス貿易投資庁との提携は、中小企業の国際的な認知度を向上させる一環となります。これは、信頼性や信用度の向上に繋がり、他の国や地域からのビジネスチャンスが増加する可能性があります。

専門的な支援の提供:フランス貿易投資庁は、国際ビジネスにおける専門的な知識やサービスを提供する組織です。中小企業はこれらの支援を通じて、法的、規制、市場動向などの情報を受け取り、それに基づいて戦略を立てることができます。

これらの提携メリットを利用することで、中小企業は、現地でのビジネスの成功率を高めることができます。

中小機構とフランス貿易投資庁の連携による支援策は、中小企業のヨーロッパ進出の成功率を高める上で、大きな役割を果たすと考えられます。

4. 今後の展望:日本企業のヨーロッパ進出は拡大へ

今後、日本企業のヨーロッパ進出は、以下の要因により、拡大していく見込みです。

  • 欧州経済の回復

欧州経済は、2022年から回復基調にあります。2023年には、欧州連合(EU)のGDP成長率は約3.5%と予測されています。

欧州経済の回復により、ヨーロッパ市場の需要拡大が見込まれます。これにより、日本企業のヨーロッパ進出の機会が増加すると考えられます。

  • 脱炭素化などの社会課題への対応

欧州は、脱炭素化やデジタル化など、さまざまな社会課題に取り組んでいます。

これらの社会課題への対応には、日本企業の技術やノウハウが求められています。これにより、日本企業のヨーロッパ進出の需要が増加すると考えられます。

  • デジタル化の進展

デジタル化は、ヨーロッパ経済の成長を牽引する力となっています。

デジタル化の進展により、日本企業のデジタル技術やサービスへの需要が増加すると考えられます。これにより、日本企業のヨーロッパ進出の機会が増加すると考えられます。

また、中小機構とフランス貿易投資庁の連携による支援策により、中小企業のヨーロッパ進出の成功率が向上することが期待されます。これにより、中小企業によるヨーロッパ進出も拡大していくと考えられます。

以上のような要因により、今後、日本企業のヨーロッパ進出は、拡大していく見込みです。

まとめ

中小機構とフランス貿易投資庁の連携は、中小企業のヨーロッパ進出の成功率を高める上で、大きな役割を果たすと考えられます。

今後、中小企業のヨーロッパ進出が拡大していく中で、より多くの中小企業が、この連携による支援策を活用し、ヨーロッパ市場でのビジネス成功を実現することが期待できます

海外でも人気のある日本製商品を持つ企業が、円安も相まってヨーロッパを中心とする海外進出が活発になっていくと予想されています。

その際、貿易代行サービスは、日本企業のヨーロッパ進出を支援する重要な役割を果たすと考えられます。

煩雑な手続きや輸送ルートの確保など、中小企業がヨーロッパ進出を検討する際には、貿易代行サービスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

Archives

Categories

Relate Posts

蓄積したノウハウを発揮し、クライアントのビジネスを強力に推進します。

ADVANCE x SUPPORT x JAPAN

日本発の国際物流企業として、
日本「誇り」「文化」「真心」を伝え、世界を繋ぎます!

株式会社アドバンスサポート・ジャパン
Advance Support Japan Inc.
〒113-0034 東京都文京区湯島3-13-8湯島不二ビル7F
https://www.a-s-j.jp
03-6284-3005
ADVANCE SUPPORT JAPAN INC. 2023 ALL RIGHTS RESERVED