CONTACT
  1. »
  2. BLOG & NEWS
  3. »
  4. 輸出入
  5. »
  6. 国際貿易におけるクーリエとは

国際貿易におけるクーリエとは

2024.06.07
輸出入

1. クーリエとは?

  • 国際宅配便の一種
  • 航空便で輸送
  • 書類や小口貨物を対象
  • ドアツードアの一貫輸送

2. クーリエのメリット

  • 輸送スピードが速い
  • セキュリティ対策が充実
  • 手続きが簡単

3. クーリエのデメリット

  • 料金が高い
  • 重量やサイズ制限あり

4. 代表的なクーリエ

  • FedEx
  • DHL
  • UPS
  • TNT

5. クーリエとEMSの違い

まとめ

1. クーリエとは?

クーリエは、国際貿易において、急ぎの書類や小口貨物を迅速に輸送するための専門的なサービスです。以下に、クーリエに関する詳細な説明を提供します。

・定義と特徴

クーリエは、「国際宅急便」と呼ばれ、航空便を利用し、発送元から目的地までのドアツードアの輸送を提供するサービスです。このサービスは主に書類や小口貨物、高価で緊急性のある商品などを対象としています。クーリエ業者は、国内外にネットワークを構築し、迅速で確実な輸送を可能にするための設備とシステムを整えています。

・仕組みと運送方法

クーリエは航空便を主に利用するため、輸送スピードが非常に速い特長があります。荷物は発送元でピックアップされ、国際宅配便や航空便を利用して最寄りの空港まで運ばれます。到着後、現地の配送拠点で再びピックアップされ、最終的に目的地のドアまで運ばれます。このような一貫輸送により、ユーザーは手間なく商品を送受できます。

・対象と用途

クーリエは主に以下のような対象や用途に利用されます。

書類の急送: 法的文書や契約書、ビザ関連の書類などが急ぎで送られることがあります。

小口貨物の輸送: 小売業者や個人事業主が、商品の小口輸送に利用します。

サンプル品の送付: 新商品やサンプル品を迅速に取引先や顧客に送る際に利用されます。

・サービスの特長

1.輸送スピードが速い

クーリエは航空便を中心に利用するため、他の輸送手段に比べて非常に高速な輸送が可能です。急ぎの取引や緊急の書類送付に適しています。

2.セキュリティ対策が充実

信頼性の高いクーリエ業者は、荷物の安全性を確保するためにセキュリティ対策を充実させています。荷物の追跡システムや保険などが提供され、ユーザーに安心感を与えます。

3.手続きが簡単

クーリエのサービスはオンライン上で手続きが簡単に行えるのが一般的です。発送者はウェブサイトやアプリを通じて荷物の情報を入力し、支払いを行うことで、迅速に発送手続きが完了します。

・制限とデメリット

1.料金が高い

クーリエのサービスは高速かつ信頼性が高い反面、この後説明するEMSと比較すると、他の輸送手段に比べて料金が高い傾向があります。これは急速な輸送と高品質なサービスを提供するためのコストがかかるためです。

2.重量やサイズ制限あり

一般的に、クーリエは特定の重量やサイズの制限があります。大量かつ大型の貨物を扱う場合は、他の輸送手段も考慮する必要があります。

これらの特長や制約を考慮しながら、クーリエを上手に活用することで、迅速で確実な物流を実現することができます

2. クーリエのメリット

・輸送スピードが速い

クーリエの最大のメリットの一つは、非常に高速な輸送スピードです。航空便を主に活用するため、他の輸送手段に比べて遥かに迅速に商品や書類を目的地に届けることができます。これは急ぎの取引や緊急の書類送付が必要な場合に非常に有利です。

・セキュリティ対策が充実

信頼性の高いクーリエ企業は、荷物のセキュリティに重点を置いており、様々な対策を講じています。荷物の追跡システム、保険の提供、セキュアな保管施設などがあり、これらの対策によって荷物の安全性が確保されます。特に高価で貴重な商品や重要な書類を送る際に、このセキュリティ対策は利用者にとって大きな安心感と信頼性を提供します。

・手続きが簡単

クーリエサービスの手続きは一般的に非常に簡単です。オンライン上で必要な情報を入力し、支払いを行うだけで、迅速に発送手続きが完了します。これにより、発送者は煩雑な手続きを最小限に抑え、迅速かつ効率的に商品を送ることができます。手軽な利用が特に個人事業主や小規模事業者にとって魅力的です。

・グローバルネットワーク

代表的なクーリエ企業は国際的なネットワークを有しており、世界中の主要都市や地域にサービスを展開しています。これにより、国際貿易においても頻繁に利用され、商品の迅速な輸送が可能です。クーリエのグローバルネットワークは、国際的なビジネス展開を支援し、国境を越えた取引を促進します。

・可能な限りのドアツードアの提供

クーリエは発送元から発送先までの一貫輸送を提供します。これにより、発送者や受取人は物流の手続きや移動を最小限に抑え、便利に商品を送受けすることができます。ドアツードアのサービスは特に個人や小規模事業者にとって利便性が高く、関税手続きをクーリエ事業者自身が行うため、迅速なサービスが提供可能です。

これらのメリットを活かして、クーリエを効果的に利用することで、急務の物流課題を解決し、迅速で確実なサプライチェーンを構築することが可能です。

3. クーリエのデメリット

・料金が高い

クーリエサービスは高速で信頼性が高い一方で、EMSと比較すると料金が高い傾向があります。これは、高度なサービスやセキュリティ対策を提供するためにかかるコストが影響しています。特に大量かつ大型の貨物を扱う場合、料金が負担となる可能性があります。

ただし業者の中には特別な料金提供が可能な場合があるため、貿易代行業者に確認しましょう。

・重量やサイズ制限あり

クーリエサービスには一般的に、輸送できる荷物の重量やサイズに制限があります。これは、航空便を利用する都合や効率化のための措置であり、これらの制限を超える場合は別の輸送手段を検討する必要があります。特に大型商品や重い貨物を扱う企業にとっては、このデメリットが物流計画に影響を与える可能性があります。

・紛失や損傷のリスク

どれほどセキュアなシステムを有していても、クーリエには紛失や損傷のリスクがついて回ります。過度な取り扱いや天候の影響などが原因で、荷物が紛失する場合や到着時に損傷している場合があります。このため、貴重品や壊れやすい商品を送る際には、保険の利用や梱包の工夫が重要です。

・環境負荷

クーリエによる航空輸送は、燃料消費が多いため環境に対する負荷が高いとされています。気候変動や環境問題がクローズアップされる中、この点は企業や消費者にとって検討すべき課題です。一部の企業では、環境への影響を低減するための取り組みを行っていますが、全体としてはまだ課題が残っています。

これらのデメリットは、企業がクーリエサービスを利用する際に考慮すべきポイントであり、物流戦略を検討する上で重要な要素です。これらのクーリエサービスの利用や煩雑な手続きなども代行業者に任せることで効率的な輸送が可能になります。

4.代表的なクーリエ

代表的なクーリエ企業は、国際的な物流ネットワークを構築し、高速かつ信頼性のある輸送サービスを提供しています。以下に、代表的なクーリエ企業について詳しく説明します。

1. FedEx(フェデックス)

概要: FedEx Corporationはアメリカ合衆国に本社を置く国際的な宅配業者で、1971年に設立されました。世界中で幅広い輸送サービスを提供しており、国際的なネットワークを有しています。

特徴:

・国際的な物流ネットワーク: FedExは世界中で膨大な数の国と地域に配送サービスを提供しており、高い国際性を誇ります。

・エクスプレスサービス: 高速で確実なエクスプレスサービスが特徴で、急ぎの輸送に適しています。

・追跡システム: 送られた荷物をリアルタイムで追跡できるシステムを導入しています。

2. DHL(ディーエイチエル)

概要: DHLはドイツに本拠を置く国際的な宅配・物流企業で、1969年に設立されました。現在はドイツのDeutsche Post DHL Groupの一部として運営されています。

特徴:

・グローバルネットワーク: DHLは世界中で包括的な物流ネットワークを有し、国際的な輸送と物流ソリューションを提供しています。

・エクスプレスサービス: 国際的なエクスプレスサービスが強みで、迅速で確実な輸送を実現しています。

・環境配慮型: DHLは環境に対する配慮を強化し、環境にやさしい取り組みを積極的に行っています。

3. UPS(ユーピーエス)

概要: UPS(United Parcel Service)はアメリカ合衆国に本拠を置く国際的な宅配業者で、1907年に設立されました。グローバルなネットワークを持ち、多岐にわたる物流サービスを提供しています。

特徴:

・多岐にわたるサービス: UPSは宅配便だけでなく、貨物輸送やサプライチェーンマネジメントなど多岐にわたる物流サービスを提供しています。

・テクノロジーの活用: 最新のテクノロジーを積極的に取り入れ、効率的で迅速な輸送を実現しています。

・サステナビリティ: UPSはサステナビリティに焦点を当て、再生可能エネルギーの活用や環境への影響低減に取り組んでいます。

4. TNT

概要: TNTはオランダに本拠を置く国際的な宅配・物流企業で、1946年に設立されました。TNTは現在、FedExによって買収され、FedEx Expressの一部として運営されています。

特徴:

・地域密着: TNTは主にヨーロッパを中心に地域密着型のサービスを提供しており、地域内での迅速な輸送が強みです。

・総合的な物流ソリューション: TNTは宅配便だけでなく、カスタマイズされた物流ソリューションも提供しています。

・FedExグループ: TNTはFedExによって買収され、FedExグループの一部として、グローバルネットワークを活かしてサービスを提供しています。

これらの代表的なクーリエ企業は、国際的な輸送業務において高い信頼性と効率性を提供しています。企業や個人が物流戦略を構築する際には、これらの企業の特長やサービスを活かして最適な選択を行うことが重要です。

5.クーリエとEMSの違いについて

クーリエ(Courier)とEMS(Express Mail Service)は、両方とも迅速かつ効率的な国際的な郵便・宅配サービスを提供する手段ですが、いくつかの違いが存在します。以下に、クーリエとEMSの主な違いについて詳しく説明します。

1.サービスの提供主体

・クーリエ:

一般的には、国際的な宅配業者や物流企業が提供しています。代表的な企業にはFedEx、DHL、UPS、TNTなどがあります。

民間企業が運営し、競争が激しいため、高品質で多様なサービスが提供されています。

・EMS:

EMSは国際郵便の一種で、国際郵便連合(UPU)に加盟した各国の郵便事業者が提供しています。

一般に、各国の郵便公社が共同で運営するサービスであり、国際的な連携が強調されています。

2.扱う荷物の種類

・クーリエ:

書類、小口貨物、高価な商品など、特に急ぎやセキュリティが求められる荷物を対象としています。

通常、ビジネスや個人が商取引や急ぎの輸送に利用します。

・EMS:

一般的な国際郵便サービスであり、文書や小口貨物から普通の郵便物まで、広範な荷物を取り扱います。

一般の人々が手紙やパーソナルアイテムを送るために利用することが一般的です。

3.配送スピードとエリア

・クーリエ:

高速で確実な輸送が特長であり、急ぎの取引や緊急の書類送付に適しています。

グローバルネットワークを有しており、世界中の主要都市や地域に対応しています。

・EMS:

クーリエに比べてやや配送スピードは遅いものの、一般的な国際郵便に比べて速い方です。

主に郵便事業者により提供され、一般的な国際郵便と同様に広範なエリアに対応しています。

4.料金

・クーリエ:

通常、高速かつ信頼性が求められるため、クーリエのサービスは他の郵便サービスに比べて料金が高いことがあります。

企業やビジネス向けのサービスが中心であり、それに伴った価格設定が行われています。

・EMS:

一般的な国際郵便に比べてやや高めの料金が設定されていますが、クーリエに比べて一般的な個人や小口取引にも手頃な価格で提供されます。

5.保険

・クーリエ:

オプションとして輸送保険制度を用意しているクーリエ業者もあるが、ない場合もあるのでその際は自分で手配をしなければいけません。弊社では保険付保までサポート可能ですので、お気軽にご相談ください。

・EMS:

「損害賠償制度」と呼ばれる保証制度があり、送る商品の価格が2万円を超える場合、最高200万円まで保証される制度です。一般的な国際郵便においても保険が提供されることがありますが、クーリエほど高額な商品に対する保険が標準的ではありません。

クーリエとEMSは、それぞれの特性により異なる用途やニーズに対応しています。ビジネス取引や急務の輸送にはクーリエが適しており、一般的な文書や小口荷物の送付にはEMSが適しています。

まとめ

クーリエとEMSは、それぞれの特性により異なる利点を持ち、ビジネスや個人が異なる輸送ニーズに対応する手段として活用されています。クーリエは高速かつ確実な輸送を求める際に頼りにされ、ビジネス取引や緊急の物流課題に対応します。一方でEMSは一般の郵便と比べて迅速で手頃な価格を提供し、個人や小口貨物の国際輸送に適しています。どちらのサービスも、送り手と受け手のニーズに合わせて選択することが重要です。物流網の進化とサービスの多様化により、これらのオプションはますます使いやすく、効率的になっています。高速かつ正確で手軽なクーリエサービスを利用する際のネックとなるのが金額ですが、弊社アドバンスサポート・ジャパンでは特別価格でのクーリエサービスが提供可能なため、お客様のメリットが大きくなります。

クーリエとEMSの特徴を理解して円滑な国際物流の実現を目指しましょう。

Archives

Categories

Relate Posts

蓄積したノウハウを発揮し、クライアントのビジネスを強力に推進します。

ADVANCE x SUPPORT x JAPAN

日本発の国際物流企業として、
日本「誇り」「文化」「真心」を伝え、世界を繋ぎます!

株式会社アドバンスサポート・ジャパン
Advance Support Japan Inc.
〒113-0034 東京都文京区湯島3-13-8湯島不二ビル7F
https://www.a-s-j.jp
03-6284-3005
ADVANCE SUPPORT JAPAN INC. 2023 ALL RIGHTS RESERVED